ダイエット中でも甘いものが食べたい!やめられない!← OKです!w

さて今回は、ダイエット中、あるいはダイエットを始めるにあたって、甘いものがやめられない!どうすればいい?という悩みをお持ちの方に、私の実体験やいろいろ学んできたことなどをもとに解決策をお話していきたいと思います。

甘いものをやめなきゃ!と思う必要はない

ダイエットしよう!痩せよう!と決意すると、まずたいていの人が考えるのは「甘い物・間食をやめる」「食事を減らす・食べない」あたりだと思います。

普通の食事のことは今回はちょっと置いておきますね。

「甘いもの・間食をやめる」。
うん、これがキチンとできればアナタは絶対に痩せられます。

でも、実際やめられますか?キッパリ。

できないですよね?w

いや、一時期なら出来たりもするんですよ。
私も数か月とかなら出来てましたから。

でもこれから数年とか、一生とか、もともと好きな甘いものを絶てます???
せいぜい「減らす」のが精いっぱいでしょ。食べたいですよねえ。
だから、キッパリ止める必要なんてないです。

それを何が何でも止めなきゃ!ってなるとメチャクチャストレスになりますし、そのうち限界が来て結局食べちゃう。
自己嫌悪に陥ってそのまま結局ダイエットをやめちゃうかリバウンド・・・そんな悲しいパターンはもうやらなくていいんです。食べたい時は食べましょう。

ただ、何も考えずに食べるのはやっぱりあまりダイエットに有効とは思えません。

甘いものの食べ方を工夫しよう

ただ甘いものを食べたいように食べてたら今までの自分と同じ。
ダイエット中は「食べ方」を工夫しましょう。

・遅い時間はなるべく食べない

基本的には夜はなるべく食べないようにしましょう。
私は昼ごはんの後か、夕方におやつタイムを作ることが多いです。

前日から食べたかったスイーツを、賞味期限の問題などもあり次の日の午前中に食べちゃうなんてこともありますが、これはあまりマネしないでくださいw

どうしても夜に食べたいお菓子がある場合などは、晩ごはんの後に間を開けずにデザートとしてパパっといただいちゃいます。

・飴で満足する習慣をつける

同じ甘いものでも、極力被害を最小限に抑える方法ですw

キャラメルや飴、グミなどカロリーも低く量も少ないものを食べて、「甘いものを食べた」という事実で満足するわけです。

これも晩ごはんの直後に1個ポコっと口に入れておくと、多少夜更かししてもあまり何か食べたいな~なんて思わずに済みます。

・食べてもいい日を作る

これも広く知られている工夫だと思いますが、たとえば週末は甘いものを食べてもいいことにする、とか自分でルールを決めてしまいます。

でももちろんドカ食いやまとめ食いはダメですよw
とっておきの大好きなスイーツやお菓子をゆっくり食べて、「好きなものを食べた!」という満足感を味わうようにしましょう。

それでまた次の日から頑張れるというわけです

・洋菓子より和菓子を選ぶ

↑ はい、これが私の今日のオヤツです。夕方5時ころに食べました。
(上のティラミスは旦那様の大好物で、晩ごはんの後に彼が食べる分です。)
1~2個でやめておけばいいものを、やっぱり3つ入ってたら3つ食べちゃうんですよねコレがw

でもおかげでお腹があまりすかないまま晩ごはんに突入したので晩ごはんを少なめですませられました
結局そうやってバランスをとっていけばいいわけですよ。

それと、このティラミス1個と小さめのおはぎ3つがほぼ同じカロリーですw
おはぎ3つのほうがどれだけ満足感があるか・・・おわかりでしょう?

もちろん甘いものとひとくちに言っても様々な種類があるわけですから、和菓子はちょっと・・・とかアンコが苦手という方もいらっしゃると思います。

でもこうやって工夫をして食べるとメチャクチャ我慢したりしなくていいよ、という1例として覚えておいて損はないと思います。

体が甘いものを欲しているときがある

これは経験したことがある方も多いでしょう。

すっごく運動した後とか、ジュースやスポーツドリンクがメチャクチャ美味しいですしね~。お風呂上りのコーヒー牛乳とかね~。もうたまりませんよねw

それから頭脳労働をしたとき。

長時間勉強した後や、こういった長い記事を書いた後も脳や体がメッチャ疲れてるんですよね。

そういう時は、本当に甘いものが欲しくて仕方なくなることがよくあります。
だからそういう時も、やっぱり我慢する必要はなく。

先ほどいくつかお教えしたようなちょっとした工夫をして、チョコチョコっと食べちゃいましょう

夜に甘いものを食べてしまったら・・・

最初のほうでお話ししたように、夜というのは甘いものに限らず、基本的に食べちゃダメなんですw

でも遅い時間にいろいろ食べちゃう日ってありますよね!

旅行先とか飲み会とかパーティーとか年末年始とか。
いや普通の日でも仕事で遅くなったりとかね。結構ヤバイ日はあると思います。

食べちゃったものは仕方ありません。楽しく食べたんならそれはそれでいい時間を過ごせたんだし、人生はダイエットのことばかり考えてもいられませんしね。

そんな時は、次の日から2~3日くらいかけて調整をすればいいのです。

数日は意識して甘いものを控えるとか、朝食や夕食を抜くとか。
抜くまでいかなくても、おかゆやスムージーなどで軽く済ませるとか。

そのあたりは各自実行しやすいようなやり方でいいと思います。
例えば次の日も夜の食事が遅くなるようなら、思い切って食べないとか。
朝食を抜いた方が楽な人は、しばらく朝食を抜いてみるとか。

そういう時の為に、このブログでいつもご紹介してるような酵素ドリンクやダイエットスムージー、青汁あたりを常備しておくのもいいかもしれませんね

筋トレを生活に取り入れる

筋トレといっても、本格的なジムに通ったりいろんな器具を買ったりする必要はないです。
別にボディビルダーになろうってわけじゃないしねw

ユーチューブにちょっとしたエクササイズ動画が沢山あるじゃないですか。
ああいうのを週2~3日やれば十分です。

運動が苦手な私でもこれならできそう!続けられそう!というのを探してチョコチョコやってみてください。

もちろん毎日できればそれにこしたことはないし、運動が苦にならない方はジムや水泳、ホットヨガなんかに通ってもいいと思います。

なぜ筋トレかというと、まず第一に、超簡単に言うと筋肉がいっぱいあると太りにくくなるからです。

つまりうっかり食べすぎちゃったりしても、そうそう簡単に体重が戻ったりしなくなるんです。
これってものすごく重要&ありがたいでしょ?w

それから筋トレをしないと、体重が落ちていくときにまず筋肉から減っていっちゃうそうなんです。
それはまずい。
元々体力ない私なんかこれ以上筋肉が減ったらマジでマトモに階段も上れなくなるw
そんな必死の思いがあるので私も細々とですが筋トレは続けております。

それから運動するのでカロリー消費にもなる
それが最初に来るんじゃないの?!と思われるかもしれませんが、それはオマケみたいな理由ですw

運動だけでカロリーを消費しようと思ったらメチャクチャ沢山、長時間やらないとそうそう減らないんですよ。

カロリーは一日のいろんな行動から消費されるので、家事をテキパキやるとか何かの作業や勉強を集中してやるとか、総合的に考えて意識して消費していくようにするといいですよ。

糖分の吸収を抑えたり、基礎代謝を上げるサプリを活用する

最後の解決策はこれです。

このブログでもいろんなダイエットサプリをご紹介してますが、なかでも甘いもの対策としては「糖分の吸収を抑える」「基礎代謝をアップさせる」機能があるサプリがおすすめです。

最近は糖分関係のサプリも結構沢山出てきて個人的にも嬉しいかぎりですw

↓ 糖分・糖質関係サプリはこのあたりをチェックしてみてください。ご自分に合った商品がひとつやふたつはあるはず。





アラプラス糖ダウン

ガールズヘルパー+

イヌリンとHMB

それから若いうちはあまりピンとこないかもしれませんが、基礎代謝を上げるというのは40~50代以上のダイエットには絶対必要な要素です。

要は40代くらいから痩せにくくなるというのは、この基礎代謝がどんどん落ちていくからです。
サプリなどで補って基礎代謝をガーンとあげていけば、多少の甘いものなんてドンドン消費してくれるというわけです

↓ こちらは過去にご紹介したこのあたりのサプリが参考になるかも。
40代以上の方はぜひチェックしてみてください。

話題のダイエットサプリ!「ラ・キュット」
話題の「タイ政府お墨付き“ブラックジンジャー”」、「希少な“ブラジル酵素”」、「人由来の“生ビフィズス菌”」を配合したダイエ...
【機能性表示食品】ファンケル 大人のカロリミット
【TVCMで話題!】大人のカロリミットが機能性表示食品になってリニューアルしました! 年齢とともに落ちる基礎代謝が気になる大人にお...
新発想のダイエットメソッド「燃やす×抑える」【デュアスラリア】
◆新感覚スリムチェンジサプリ◆ 新発想のダイエットメソッド   「燃やす×抑える」 燃やす ・・・ 日常の運動での燃焼を...

おわりに

やや長くなってしまいましたが、いかがでしょうか。

ようは食べ方です。

甘いものがずっと好きだったのに、ダイエットするからキッパリやめるなんて、どだい無理な話です。

いや出来る人はいるでしょう。素晴らしいと思います。
でも多くの方がそこで悩み、苦しみ、挫折したりしてるんですよね。

なので変に我慢せず、うまいこと食生活に取り入れて、工夫して楽しくダイエットしてみてください。

「楽しく」ないと続かないです、ダイエットは。
これからもお互いに頑張りましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする